2010年03月05日

<北教組事件>木村容疑者「個人的にお願いした資金」と供述(毎日新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営が北海道教職員組合(北教組)から1600万円の違法献金を受けたとされる政治資金規正法違反事件で、小林陣営の会計責任者、木村美智留容疑者(46)が札幌地検の調べに対し、「(北教組委員長らに)個人的にお願いした資金。北教組から受け取ったという認識はない」と供述し、企業・団体献金ではないとして容疑を一部否認していることが3日、捜査関係者らへの取材で分かった。

 木村容疑者は08年12月〜09年7月の4回、書記長の小関顕太郎容疑者(54)らが捻出(ねんしゅつ)した1600万円を400万円ずつ受け取ったとされる。最初の3回は当時の委員長(昨年6月死去)から、委員長が亡くなった後は委員長代理の長田秀樹容疑者(50)から提供されたとみられる。

 木村容疑者は現金授受を認めているが、政治資金収支報告書に記載していないことなどから、札幌地検は「違法な献金」との認識があったとみている。しかし、木村容疑者は長田容疑者ら個人の献金であり、北教組の団体献金ではないとの趣旨の説明をしているという。

 一方、長田容疑者ら北教組幹部3人は黙秘しているという。北教組弁護団の関係者は「たとえ資金提供があったとしても、個人の金を寄付しただけで、それをどう処理するかは小林陣営の問題」と述べた。

【関連ニュース】
北教組事件:小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で
北教組事件:書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか
北教組事件:「逮捕者は遺憾」文科相
北教組事件:小林千議員に進退論も「次々と大波」
小林氏陣営違法献金:北教組が声明「不当な組織弾圧」

<職業指導>来春から大学、短大で義務化 文科省が省令改正(毎日新聞)
小沢氏の自発的決断を期待 前原国交相(産経新聞)
予算案が2日夜に衆院通過=年度内成立へ−「政治とカネ」、なお焦点(時事通信)
天皇公的行為でルール設けず=政府見解「現実的でない」(時事通信)
<ホステス税額>非出勤日も控除対象 最高裁初判断(毎日新聞)
posted by ハセベ モトハル at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。