2010年03月08日

卒業式前日、式典練習後に高3女子行方不明(読売新聞)

 長崎県警は5日、同県雲仙市小浜町、県立学校高等部3年の種村侑里(ゆり)さん(18)が2月28日から行方不明になっていると発表した。

 県警雲仙署は事件・事故の両面で調べるとともに情報提供を呼びかけている。

 発表によると、種村さんは、同県諫早市の学校からJRとバスを乗り継ぎ、午後7時25分頃に小浜町のバスターミナルで目撃されたのを最後に消息が途絶えた。同日夜、両親らが捜索願を出した。

 雲仙署員が1日、小浜港の防波堤で財布や学生証などが入った種村さんのリュックを発見した。

 種村さんは、28日は早朝から学校へ行き、翌日に行われる卒業式の式典の練習に参加したという。男性教諭は「明るく頑張り屋の生徒で友達とも仲がよい。とにかく早く見つかってほしい」と話している。

 種村さんは身長1メートル55、紺色ブレザーに緑と黒のチェック柄のスカートの制服を着ていた。

水木さん生家も妖怪観光の名物に…案内標柱設置(読売新聞)
朝鮮学校 金総書記、運営に指示 「統廃合は敗北主義」反映(産経新聞)
機構発足で年金増額ケース大幅減(産経新聞)
<線香>ありがたさ倍増? 2ミリの般若心経(毎日新聞)
女性遺体…検視で「病死」翌日解剖で「殺人」(読売新聞)
posted by ハセベ モトハル at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPS細胞センター、研究所に=スタッフ120人、来月発足−京大(時事通信)

 京都大は5日、人工多能性幹(iPS)細胞の研究機関「iPS細胞研究センター(CiRA)」を4月1日付で、「iPS細胞研究所」に格上げすると発表した。所長には同センター長の山中伸弥教授が就任する予定。
 吉田キャンパス南部構内(京都市左京区)に46億8000万円をかけて建設した研究棟を拠点とする。スタッフは教職員、研究員など約120人で、18グループに分かれ、iPS細胞樹立技術の最適化や分化誘導法の確立、臨床応用に必要な法的規制整備などをテーマに研究を進める。 

【関連ニュース】
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
本人皮膚細胞でiPS培養=安全性向上に期待
心筋だけ選別、効率良く移植=マウスやヒト万能細胞で技術開発
「日本の未来は」と憂慮=科技予算削減にiPS細胞の山中教授
iPS細胞の特許、新たに2件=京大

借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に−同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
楽天、新潮社と和解=名誉棄損訴訟で(時事通信)
<チリ地震>日赤あて義援金の現金書留は無料に(毎日新聞)
青森・岩手・宮城沿岸に大津波警報…高さ3m(読売新聞)
<仙谷戦略相>NPOへの寄付促進…「税額控除方式」に意欲(毎日新聞)
posted by ハセベ モトハル at 03:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。