2010年03月02日

海浜ニュータウン

海浜ニュータウン(かいひんニュータウン)は、千葉県千葉市北部の東京湾岸に、埋め立てによって造成されたニュータウンである。全域が同市美浜区に属す。事業主体は千葉県、千葉市、住宅・都市整備公団(現:都市再生機構)、千葉県住宅供給公社、などで、1968年(昭和43年)に事業が開始され、1973年(昭和48年)に高洲・真砂地区から入居が始まった。計画概要計画当時ニュータウンを構成する町ニュータウンは、稲毛、検見川、幕張の3地区より構成され、住宅地域としては以下のような町がある。高洲高洲は、海浜ニュータウンで最も早く入居の始まった稲毛側・陸地寄りの地区である。住宅は、初期に建設された高洲第一団地、第二団地のほか、稲毛海岸駅周辺に新しい高層マンションがある。高洲第一団地のうち、北側の京葉線沿いに並ぶ高層住宅はパイロット・ハウスといい、これは当時の建設省などを主体として行われた将来住宅コンクールに出展されたものである。1980年代から、中央部の高洲三丁目にコミュニティセンターの建設が進み、大型商業施設・忠実屋新稲毛店(現・ジャスコマリンピア専門店館)、扇屋ジャスコマリンピア店(現・ジャスコマリンピア店)の開業を経て、その後京葉線の開通により稲毛海岸駅が設置された。現在まで、ニュータウンの中心地として発展を遂げている。高浜高浜は、稲毛側・海寄りの地区である。当初はほぼ全域が住宅用地となる予定であったが、計画が変更になり、南部には中央卸売市場が建設された。また、海沿いの7丁目には稲毛海浜公園が広がっている。初期に建設された団地のほか、海浜公園通り沿いには新しい中高層マンションが並んでいる。これらは1990年代以降、千葉海浜交通のバス車庫や野球場の跡地を利用して建設されたものである。真砂真砂は、検見川側・陸地寄りの地区であり、高洲に次いで早くから入居の進んでいたところである。美浜区の行政の中心であり、美浜区役所のほか、郵便局、消防署、警察署などの公共施設が集中している。また、高洲寄りの一丁目に東京歯科大学、同付属千葉病院がある。検見川寄り地区の道路は、曲線を多く用いることをコンセプトとしており、京葉線沿いを走る街路も検見川浜駅付近で大きくカーブを描いている。磯辺磯辺は、検見川側・海寄りの地区である。この地区は、定住性の高い住宅地の造成を目的に開発されたため、住宅の多くが一戸建てであり、

<男子高校生>後ろから背中刺される 徳島・JR阿波池田駅(毎日新聞)
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査(産経新聞)
詐欺容疑で元中学事務職員を逮捕 兵庫(産経新聞)
瀬戸内海のノリ、ピンチ=色落ち拡大、例年より早く−放水量増やし応急処置(時事通信)
「原因はエンジンの部品脱落」大阪空港のボンバルディア機離陸中止で運輸安全委(産経新聞)
posted by ハセベ モトハル at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。